口コミで人気のフォトフェイシャル【美肌を作るスキンケア】

利用する前に

コスト低減が図られた美容整形

最近では、美貌を追求するため、外科手術による美容整形を行う人が老若何女を問わず、急増しています。これは、医療技術の進歩に伴い、医療費がかなりリーズナブルになったことが要因として挙げることができます。そういった中で、美容医療業界屈指の美容整形症例の実績を誇る品川美容外科は、関東圏を中心としてエリアを拡大し、中部圏、近畿圏といった三大都市圏だけでなく、東北、九州といった全国ネットで、美容外科事業を展開してきました。その口コミと、コスト低減が図られたことで、若い女性を中心として、急速に美容整形の診療を受ける人が増加してきました。美容外科手術は、基本的に健康保険適用外となりますが、その症状によっては、保険が適用できるケースもあります。このように、リーズナブルな美容整形が、品川美容外科に代表されますように、社会一般に広がってきました。

訴訟事例を踏まえたリスク管理

このように、社会的に認知されている美容整形におきまして、品川美容外科を相手に、フェイスリフト手術を受けた40人による集団訴訟が発生しました。ここでは、品川美容外科で、フェイスリフトと呼ばれる顔のたるみを解消する手術を受けた男女40人が痛みや、脱毛などの合併症が生じたという理由によって、訴訟を起こしたというものです。フェイスリフト手術は、美容外科で頻繁に施されるもので、肌にハリが戻り、顔の輪郭もはっきりするという理由で、最も効果的な若返りが図れる美容外科手術と言われています。そういった中で、品川美容外科による集団訴訟が発生したのですが、これについて原告は、病院側の説明責任が不十分であったことを提訴理由に挙げています。品川美容外科による訴訟事例は、これが初めてではなく、過去にも、死亡事故による訴訟を起こされています。今後も、医療技術の進歩が見込まれますが、医療手術には、少なからずリスクを伴いますので、医師による説明責任を十分に受けた後、受診の判断については、患者自身で決定することになります。この点は、失敗したと感じないために重要なポイントです。

よく聞くのが重要

今回取り上げた集団訴訟においては、原告側は医師の説明が不十分だった、リスクのことなど聞いていなかった、という論旨で訴えを起こしています。よくよく考えれば、この論旨自体がおかしいことに気づけるはずです。医薬品に本来発揮される効果の影響で起こる副作用が存在するように、美容整形にも何らかの影響がリスクとして存在する可能性はあります。リスクのことを説明できていなかった医師に落ち度はあるかもしれませんが、リスクのことを聞かず、良い側面ばかりを見て決断した原告側にも落ち度があるのは明らかです。現在では、品川美容外科の体制は更に改善され、問い合わせを気軽に行える環境も構築されています。ですから、自分で納得できるまでとことん、いい面も悪い面も質問して引き出していけば、術後の成果に必ず納得できるようになります。悪い面まで知っていれば、最悪の事態も知り、その覚悟ができます。覚悟さえできていれば、成功した時には十二分な満足が得られます。その上で、美容整形を利用するなら、訴訟を始めとした様々な失敗を過去に繰り返してきた品川美容外科のほうが、「ケーススタディが整っているから安心だ」と判断できる部分が大きいともいえます。